2019年08月17日

弱い所しかいけない芋野郎があおり運転とかやっちゃうんだよな【#244】

常磐道で起きた『あおり運転暴行事件』。
容疑者の男、何だか親族からマンションを引き継いで大阪で商売やってたって奴らしいが、顔を見るからにいかにもバカそうな奴で名前は 、

宮崎文夫(43)

いい歳こいて何やってんだか…

こう言う奴は、100%といっていいほど強そうな人には向かっていかない。
女性ドライバーの軽自動車とか、ファミリーカーのおじさんとか、初心者マークをつけた青年とか、見るからに大人しそうな人には強気で絡んでいく、典型的な芋野郎ですよね。

ガラの悪そうな、いわゆる反社っぽいオッさんを殴ったり、黒塗りのベンツを煽れよって感じ
イキがるならそれくらい振り切ってもらわないと

そして、隣でカメラ向けてる女も気色悪かったですねー。

こんなゴミに資産を受け継がせたのが間違いでしたな…、できる男?成功者?
なんか勘違いしちゃったんでしょうかね…


資産の受け継ぎもそうですけど、経営者になってある程度儲かってくると、やっぱり勘違いする奴も結構います。何人かそんな人知ってますけど、その豹変ぶりがものすごくて、お金に対する知識がない人って怖いなぁっと考えさせられます。
一方でいつまでも謙虚でいる人は、応援もしたくなるし現に長く商売をやってらっしゃる人が多いですね。

付き合っていくなら謙虚な人がいいなぁ


posted by あかつき探偵事務所 at 04:13 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

そろそろ出るか!?現役探偵ユーチューバー【#243】

ブログやウェブサイトだけではなくツイッターやインスタなどのSNSを活用して自身の考えを発信できることが当たり前の世の中になりました。そしてyoutubeもそのひとつですね。

youtubeで何かを発信する人はユーチューバーといって、芸能人と素人の境目みたいな限られた人だけがやっているイメージがあったと思いますが、今やそんなことありませんね。ブログに記事を書くように誰でも動画をアップしまくっています。

普通に検索すると、今までは何かしらのサイトやブログの記事がヒットするだけでしたが、今はその中にちょこちょこyoutubeの動画がヒットするようになってきたのを気づきましたか?
検索ワードによっては上位にyoutubeのページが並ぶこともザラにあります。

もちろん本人が顔出しで出てきて『はいどーも!』みたいな感じではないものが多く、声だけとか活字だけとかの動画もけっこうありまして、
色んな表現方法でyoutubeも個人の発信のツールとして使われていることがわかります。

私も今はブログで情報は出してますけど、過去にはyoutubeで発信していたこともありました。
(すぐ辞めましたが…)

しかし、探偵業と動画というのは相性が悪いんですよね。
調査員ではない探偵が、先生という立場で
ホワイトボードをバックに、探偵業について語るとか、開業の手順とか契約のノウハウとか浮気調査についてのアレコレを発信するにはまだいいかもしれませんが、
そんなもん誰が見るの?って私は思ってしまいますね。

あとできることは調査中の動画作成なんですけど、これはリアリティーのあるように作ってあるのをどこかの探偵社のサイトで見たことがありますけど、これ全部ヤラセですからね。同業が見ればすぐわかりますよ。

本物であるはずがないでしょうw

だってそんなの依頼者が許可出すはずがないです。そもそも依頼者というのは基本的には『探偵に依頼したことは隠したい』人がほとんどですし、分厚いモザイクのかかった静止画ならともかく、動きのわかる動画で、しかも全世界の不特定多数が閲覧するyoutubeで晒されていいと思うわけがありません。
仮に許可を出したとしても絶対にわからないように人や建物にモザイクをかけまくらなくてはならないので、動画としても何のこっちゃわからない映像になるはずです。

探偵になる人というのは(特に調査員)『裏方タイプ』とか『縁の下の力持ちタイプ』の人が多いので、やり方ひとつでは目立ってしまうyoutubeと相性が悪いという理由もあります。
タレントになるような目立ちたがり屋は探偵に向いていませんが、番組のスタッフみたいな裏方は探偵向きですね。

表立った仕事ができるとしたら『元探偵』という肩書きになることですけど、元探偵と謳って色んな仕事をしてる奴に対した奴はいませんけどね。『チョロっとかじった程度だろお前』っていう…


でも、そろそろ『探偵業界』からも『現役探偵ユーチューバー』みたいなロクでもない奴が現れてもおかしくはありませんよねw
『悪徳探偵社をぶっ壊す!』みたいな

そんな奴が現れたら…

うーんどうしようかな…うーん


posted by あかつき探偵事務所 at 05:09 | 探偵関連の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーヤの成長がピタッと止まったら!?【#242】

プランターでのゴーヤ栽培でもグリーンカーテンを作ることはできますが、ある程度葉っぱが生い茂ってきて花が咲きゴーヤも育ってきた頃、ある日ピタッと成長が止まる時がきます。
そして葉っぱも元気がなくなり丸まって色も薄くなっていき、最悪の場合、黄色くなってそのまま枯れ落ちていくこともあります。
さらに、よくみると雄花ばっかりで雌花が咲いていないというような状況になった人も少なくないのではないでしょうか。

そんな時、原因として真っ先に考えられるのが『肥料不足』と『サイズオーバー』です。
他にも『病気』『水不足』『風通し』『日当たり』『根詰まり』『肥料やけ』など、同じような症状でも原因は違うことがあるので断定はできませんが、順調に育っていたゴーヤの成長がピタッと止まる時は大抵の場合、プランターのサイズオーバーの成長をしてしまった時なので、余分な蔓をカットし全体的にコンパクトにします。そして『追肥』をして、土も減っていたら足します。これだけで、葉っぱもまた元気になって雌花もガンガン咲いて復活することが多いです。
ちなみに植物の摘心やカット、収穫はなるべく天気の良い午前中に行います。

慣れてくるとプランターのサイズから、どれだけの大きさが適正なのかわかってくるので、毎年ゴーヤを育てて慣れるしかないです。

C6350761-DFE6-49F2-892E-CB722B92C602.jpg

ゴーヤはかなりの水を必要とするので、水やりは大量にあげてください。早朝に大量の水やりをしても夕方にはカラカラになるぐらいゴーヤというのは水を吸いあげます。よっぽど粘土質の土で日当たりの悪い場所じゃなければ根腐れになることはまずないので、朝と夕方にたっぷりと水やりをしましょう。

ゴーヤは成長が早いので、当然根っこも成長が早いです。表面からはわかりませんが、土の中は根っこだらけで、水の通り道みたいな通路ができていますので、全体的に水やりをしたと思っても乾いているところがある場合があります。

そんな時はプランターの水が抜けていく穴を塞いで水やりをするといいです。
土全体に水が浸透していくと土の中から空気が抜けてプクプクと泡が出てきます。そして表面の土に水が溜まりきったら穴を解放して一気に水を抜くというやり方をして土全体に潤いを与えています。毎回やるのはダルいのでたま〜に…
その後に液体肥料で追肥します。

全ての原因を疑って、それでもわからない時は蔓や葉を思い切ってカットしてコンパクトにしてみましょう。
それによって葉に色が濃くなり元気になるようなら、それがその『ゴーヤ』『環境』『プランター』の限界と考えましょう。それ以上を求めるのならプランターのサイズを大きくするしかないでしょう。

※小さい規模でゴーヤを栽培している場合、ゴーヤの実がなっている時は、一時的に葉っぱの元気がなくなることもあります。
これは、実の方に養分を取られてしまっているためなので、収穫するとまた元気になることもあります。
posted by あかつき探偵事務所 at 03:12 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

マツコ・デラックスVS立花孝志議員【#241】

『NHKから国民を守る党』とは、第25回参院選の全国比例で党首の『立花孝志』氏が当選し国政に進出した公党です。
当選したばかりとはいえ、代表の『立花孝志』氏はyoutuberという側面もあるので、発信力・発言力ともに抜群で知名度もある国会議員ですね。

NHKから国民を守るという問題だけを公約として掲げて当選したという今までにない新しい政治家というイメージに加えて、youtubeやabemaTVでの発言を聞いていると立花議員本人も、公約に掲げたNHKのスクランブル放送の実現を解決したらすぐ辞めるといっているぐらい、有権者から支持されて代表に立っているという責任感や強い意志が伝わってきます。


そんな中、テレビのコメンテーターでもある『マツコ・デラックス』が、2019年7月29日のTOKYO MXの番組内(公共の電波)で『気持ち悪い人達』などと発言し、それを受けて『有権者をバカにするな』と、立花議員もyoutubeでそれに応戦するかたちとなっている。




ちょっと前に言ったジャニーズ関連の炎上も冷めやらぬ中、今回のこの発言で完全に『マツコ無双』の牙城が崩れてきているなどとネットでは騒がれている。
ちなみに、この発言から『NHKから国民を守る党』に対して『マツコ・デラックス』は黙殺を続けている。



【8月5日】

【8月6日】

【8月8日】

【8月8日】

【8月10日】



本当に出待ちをするのか、そしてこの両者の戦いはどうなるのか…、しばらくは『NHKから国民を守る党』から目が離せないことは間違いない

posted by あかつき探偵事務所 at 23:27 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵業だけやっている探偵社は信用するな!【#240】

大手企業もぞくぞくと副業を解禁しているこの時代、2018年には、通常国会で働き方改革関連法(正式名は「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」)が成立しました。

副業というと会社に勤めている人、雇用者だけのことかと思ってしまいますが、実は事業者や経営者も同様に副業をしている人が沢山います。

事業者が『副』業というと、なんだかメインでなないようなネガティブなイメージがあるかと思いますけど、現在営んでいる事業とは全く異なる事業を新たに始めるというのもいわば『副業』と考えます。

まぁそれを世間では『起業家』と言うんですけどね…


私の持論では、お客様に対して適切なアドバイスやカウンセリングを必要とする業種に就いている方は、絶対に『副業』をすべきです。
つまり、自分の仕事は複数あった方が良い。
私個人的には25%の収入で4つの仕事量がベストだと思ってます。
もしくは50%のメイン事業と25%の2つの副業。

何故かと言うと、その職に100%依存しているような人は、本音でモノが言えないからです。そりゃそうですよね、自分の食いぶちですから。
なので、売上とか収入を気にして自分の保身に走ってしまう人が残念ながら大勢います。

こんな状況下で、適切なアドバイス、カウンセリングなんかできる訳ないじゃないですか。
そう思いませんか?

結局、自分の売上を上げるために見せかけの真摯な態度で相談に乗って、利益率の高い美味しいプランに落とし込もうとしているようにしか思えないのです。
ですので、収入口が複数あるというのは、真実を追求する上ですごく大事だと思っています。
私自身『探偵業』以外にも色々とやらせていただいているので、おかげさまで収入口が複数あり、『探偵業』に100%依存することなくご依頼者と向き合うことができています。

探偵業は、まずご相談を受けることから始まるのでそこに『お金』や『売上』がチラつくようではカウンセラーの立場として失格と言わざる得ません。これは意識の問題なんですよ。

売上がチラついてお金に走ってしまってもご依頼者にはわからないかもしれません。
しかし『それでいいのか』って話なんです。

お金をもらっている以上は、その金額に見合った仕事、それ以上の調査をしなくてなりません。それはプロとして当然です。
しかし、その前の段階で適切なカウンセリングが行われていないと、まずトラブルの元なのは言うまでもありませんが、全てが薄っぺらい事業と激変してしまいます。
探偵にご相談をされる方の精神状態というのは、『一時的に冷静ではない』方が多いです。
探偵への依頼というのは、悩みに悩んでたどり着いた先であるという認識がありますので、その責任を考えれば、ご依頼者の調査後の人生まで考える必要があると思っています。
大きなお世話かもしれませんが、『人を調査をする』ということはそれくらい破壊力があります。

この道一筋〇〇年というよりも、他に収入口があるのかという目線で、その人の『信用度』を測ってみるのも新たな見方かもしれません。




posted by あかつき探偵事務所 at 15:32 | 探偵関連の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

疑った側が『ある』という証明しなくてはならない原則【#239】

普通の人が見えないものが見えるとか、聞こえない声が聞こえるとか『ない』ものを『ある』という人は『統合失調症』を患っている可能性が高いです。ちなみに統合失調症の一昔前の名称は『精神分裂病』といいます。
統合失調症は『自分が病気ということを』認めない厄介な病気のひとつです。

『ない』ものの証明はできないと考えるのが一般の常識なので、『ある』と言っている側が証明するしかありません。
しかし、『霊』だとか『神様』の存在があると言っている人誰一人として、その存在を未だ証明されてないのが現状である為、悪魔に取りつかれたとか神のお告げがあったとか言って犯罪を犯した人の証言が認められた、あるいは考慮されたという裁判の判決はありません。
ですので、人前で『霊』とか言ってしまうと間違いなく病気扱いされますよね…

引用↓
9日に横浜市の路上で男性2人が面識のない男に刃物のようなもので切り付けられた事件で、警察は46歳の無職の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。 無職の加山佳生容疑者は午後7時半前、横浜市南区の路上で帰宅途中だった49歳の男性の左腕などを刃物のようなもので切り付けて殺害しようとした疑いが持たれています。この数分前には近くの路上で別の男性も切り付けられて軽いけがをしました。警察によりますと、男の体格などが加山容疑者に似ているという情報提供があり、警察が10日朝に加山容疑者を逮捕したということです。取り調べに対して加山容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、「神様から殺せと言われた」などと話していて、警察は責任能力の有無も含めて慎重に調べています。



『ない』とか『ある』に関していえば、『浮気』も同様です。浮気の疑いをかけられた多くの人は『ない』と言うでしょう。

でも、『ない』という証明はできないので、結局『ある』と疑った側が証明をするしかありません。そこで、疑った側は自分で証拠を見つけるか『探偵に調査依頼する』という流れになるのですが、必ずしも証拠が取れるというわ訳ではありません。
というのは、調査期間中に『浮気』をしなかった(尻尾をださなかった)ということもありますので…。


真実を知るのにも『資金』は必要で、これ以上は払えないというところで証拠が取れなければ『ない』と認めるしかありません。つまり『疑いが晴れた』と考えて次に進むしかないのです。

夫婦関係や友人関係などの親しい関係でも、『疑う』と『信じる』を繰り返すことで、より強固な関係になることもあるので
そんな中、『探偵』という業者を活用し疑いを暴きにいって『最悪』な結果となったとしても、それによって『疑った側』も『疑われた側』も自分自身が次に進めるのであれば、我々も汗を流す意味があるんじゃないかと思います。




posted by あかつき探偵事務所 at 17:56 | 探偵関連の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

名乗らずにまずこちらの名前を聞いてくる営業電話…【#238】

去年からウチのウェブサイトの概要欄に、

『インターネット広告に関するサービスなど、全ての営業電話を受け付けておりません

という文言を記載したところ、事業に関わる営業電話は劇的に減りました。
こういう注意書きなんか当たり前のように無視されるのかと思っていたので、正直びっくりしました。効果アリーー!

しかし、私個人への営業電話というのがありまして、最近では不動産投資とか公共料金のプラン紹介とか色々…、まぁ別にしつこいというわけではないので特に問題視していませんが、ちょこちょこあります。

電話というのは必ず『耳』を奪われるので、作業中の場合、手を休めなくてはならないのが難点ですね。

※私は話しながら作業したら100%ミスる男ですので…

依頼者からのご相談だったり仕事の緊急連絡は最優先事項なので良いのですけど、何の興味もない営業電話に時間取られるのは勘弁してほしいです。


最近、気づいたんですが
営業電話をかけてくる業者って自社や名前を名乗らずに、まずこちらの名前を確認してくるんですよね。
私はお断りするにしても、『結構です!』って言ってガチャ切りするのではなく、それなりの理由を述べて電話を切りたいタイプなので、
今度から名前を聞かれたら『違います』って言って切ろうかなと思いますww



posted by あかつき探偵事務所 at 21:04 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者が勘違いするような報道はやめましょうよ【#237】

今日知ったこの『まつげ美容液で目のまわりが腫れた』というニュースで、いくつかの美容液を並べて撮影してる画像ありますけど、あれは国民生活センターが調べた美容液の画像ですから、問題があった美容液でなないので、消費者が勘違いするような報道もやめてほしいですね。

これはあくまで調査した商品ですからね↓↓

引用↓↓↓
「まつ毛美容液」で目のまわりが腫れるなどの相談が相次いでおり、国民生活センターが注意を呼びかけている。
国民生活センターによると、まつ毛美容液を使い、かゆみや腫れなどがあったなどの相談が、2015年度以降、381件寄せられた。中には、角膜が傷つき、手術したというケースもあったという。
センターがインターネットで販売されているまつ毛美容液を調べたところ、化粧品であるにもかかわらず、「育毛効果」をうたった商品や、頭髪への使用を目的に医薬部外品として承認された育毛剤を、まつ毛美容液として販売していたケースがあったという。
センターは、育毛剤を使用しないことや、異常を感じた時は、使用を中止するよう呼びかけている。






posted by あかつき探偵事務所 at 00:23 | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

本音が聞きたいのなら飯を奢るな【#236】

私は、奢るのも奢られるのも嫌な割り勘主義者です。
28歳で事業を始める前の雇用者、つまりサラリーマン時代は後輩にめっちゃくちゃ奢ってきました。一緒にいればどんな小さなことでも必ず全部お金を出してました。

48F9F617-1E43-44DC-AFF5-DFD7B734B09C.jpg

それが当たり前と思っていたし、
『ありがとうございます!』って
感謝されることが気持ちよかったのも事実です。同時に先輩からもよく飯とか奢って貰っていたのですが、ある時気づいたんです…

『あれ、先輩のイエスマンになってる』
『言いたいこと言えなくなってるぞ』と

誰も文句を言おうと思ってるわけじゃありません、ただ仕事に関する議論すらできない状況、関係になってしまってることに危機感を感じました。

ということは、私に対して後輩も同じように思っていたということになります。
こんな関係性じゃこれから何の成長も望めないし、練りに練った良いモノ、サービス、コンテンツ、アイデアなんて生み出せるわけがないだろうと

私は反対、反論してくれる人とか、叱ってくれる人がいてこそより良いものが生み出せると思っているので、そんか関係を作ってしまう可能性がある『奢る』という行為はなるべく慎むようになりました。
だって、ご飯をご馳走になって『不味かったですね』って本音を言えないでしょう
もし、割り勘で自分の分は自分で出していたら、
『クソ不味かったもう二度とこの店来ねぇ』って言えるでしょ。

もちろん初対面や目上の人とか上司に対しては言葉を選ばなくてはなりませんが、
本音も言えないような関係なんて、私は必要ないと考えているので、イエスマンを作るんだったらまだ『ケチ』て思われていた方が良いですね。

割り勘は本音が聞けますが、奢るとヨイショされます。
一方的に気持ちよくなりたいんだったら迷わず奢りましょう。







posted by あかつき探偵事務所 at 15:02 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

連日報道されている輸出規制問題【#235】

現在、揺れに揺れている日韓の貿易問題についてちょっと語ります。

その詳細はネットやテレビで連日報道しているので割愛しますが、簡単に言うと日本は輸出に関して不明な点があった韓国に対して指摘しました。これはどうなってるんですか?と
再三質問していましたがずっと無視されいつまで経っても返事がないので、ホワイト国除外という判断をしました。

1353AC7E-580C-471E-9F46-F3E7E5EF8926.jpeg

ホワイト国除外というのは特別待遇を辞めるということ。
まぁ不明点があるんだから当然ですよね…
しかも、今後の取引をしないと言ってるわけじゃなくて、通常の取引相手として対応しますよということ。
ホワイト国(A)→アメリカ、フランスなど
通常の取引相手(B)→中国、ロシアなど

※ちなみに不明点というのは核燃料とされるモノを韓国は北朝鮮に横流ししてるんじゃないかという点





それを受けて韓国の文在寅大統領は、お得意の『被害者』というスタンスで、話を逸らし、歴史問題を持ち出し、経済報復だと言い放ち、挙げ句の果てには国民の反日意識を煽るという選択をして日本を倒せ!みたいな何だかよくわからない方向に向かっちゃいました。

これって

北朝鮮のようにネットワーク規制のある国ならば、国内の情報操作を行って、いわゆる悪い宗教団体のような国家を築くことができます。

それは、閉鎖的な環境では効果があるかもしれませんが、今のようなグローバルな世の中で、しかも先進国が事実を捻じ曲げ情報操作で国民を煽るような政治は


いつか国民にバレますよこれ。


そして『ふざけんな文在寅!』って韓国の国民が怒る時が必ずきますよ。
ちゃんと調べてみたらお前が悪いやんけ!って

今はお祭り騒ぎのような状態で冷静になれないかもしれませんけど、だんだん経済的に変化が現れてくると

『えっ、ちょっとまてよ…』
『この国ヤバくない?』
『そもそも何が原因?』

そして、文在寅大統領が悪い!ってなって
過去の韓国大統領のように
逮捕、収監、暗殺、亡命、自殺...みたいなことになるよ、このままいけばきっと。

そもそも、自分達が選挙で選んだ大統領じゃないかって、だから自分達も責任はあるって、そういう風に思うぐらいの国民だったら政府に踊らされるようなことにはならないんですけどもね…


都合が悪くなると人のせいにする…


韓国が嫌いな日本人は『韓国はそういう民族だからww』と言うでしょう、日韓の関係で言えば、互いの歴史認識が違う時点で、今更どうしょうもないことだからってのもわかる。(歴史認識というか日韓併合って事実があるんだけど…)

だからといって全てをそれと結びつけるのはおかしいし、不思議なのは韓国の国内で知名度もあり影響力のあってかつ冷静な人が、

『この国(韓国)がやってることって間違ってね?』
『何で約束守らないの?』
『文在寅に踊らされるのはやめようぜ』

って声が出てきてもおかしくないと思うんです。何でもっとリーダーシップを取らないのかなって…、もっともっと声を上げればいいのにって思いますね。発信できるツールがいっぱいあるのに何で黙ってるんでしょうかね。


日本製品不買運動って、自分の所有しているレクサスを金属バットで叩き壊している韓国人が報道されました。

番組で言った八代さんの言葉通り
『ここまできたらただのバカですね』ってw

このままだとホントにその通りだなって思っちゃいますよね。


posted by あかつき探偵事務所 at 13:56 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする