2019年10月15日

ダイエット法は自分独自であみ出せ!【#259】

好きな時に好きなものを食べていたら、いつのまにか78kgまで体重が増えてしまったーっと、嘆いていたのは約1ヶ月前。
『また、減量かよ…』

定期的に減量モードになっては65kgぐらいまで体重を落とす、そしてまた食べて呑んでって少しづつ太っていく、んでもってまた減量

私にとって減量は、オリンピックみたいな数年に1回の行事ごとのようなものである。


普段、一点だけを見つめて数時間立ちっぱなしみたいなことをやっている私にとって、一時的な『欲望』を我慢するなんて朝飯前なんだよワッハッハ



現在、ダイエット方法も色々と見直されていて、実は炭水化物は摂った方がいいとか、夜食べても大丈夫だとか色んな研究結果があるみたいで、そんな不確かな所には必ずビジネスチャンスがあるので、またダイエット業界も新しい方法が出てくるのではないかと思いますが、

まぁそれはいいとして、


結局は痩せたいなら食うなって感じで、食べなければ絶対痩せるので、断食が効率的で効果的で即効性があります。
これは誰もが知っていることです。

だけど、健康面や筋肉と脂肪のバランス、精神面などを考えると、世の中に蔓延っている一般的なダイエット方法を取り入れるという人が大半なのではないかと思います。

何度も+15kgから−15kgを繰り返している私から言わせてもらえば、自分に合ったダイエット方法は一人一人違うというのが自論です。
ていうのは、減量とか生活習慣を変えた時や、環境の変化で起こる体の反応って、個人によって異なるんですよね。
緊張したら頭が痛くなる人もいれば、お腹が痛くなる人もいるし、だからダイエットも自分に合った減量方法を独自でまずは見つけるべきなんです。

色々と試してみる、あるいは独自のやり方を作る、これが自分の体に合っているっていう方法を見つけて、そこから『頑張る』というスイッチを入れていくのが、減量に成功する一番の近道かと考えます。

まずは世の中にある、炭水化物抜きダイエットとかなんちゃらダイエットとかを試したりして、体の反応をみて自分を知ることから始めましょう。

こうすれば痩せれるって100%信じれる人はいいかもしれませんが、もっと楽に減量できるんじゃないかって疑ってしまう私の性格だと、世の中に存在するダイエット方法では続かなかったんですよね。天邪鬼なもので…


私の場合は、絶食から始めます。
これは体の減量モードのスイッチを入れる為と、精神的に追い込む為です。
そして計画的に決めた有酸素運動はしません、ダルいので…。うんダルい…

昔は毎日計画的に走ったりしてましたけど、どうやら走る系の運動すると、学生時代に戻ったようにドカ食いしてしまう傾向があるようなので、辞めました。

あとは、体重計にも乗らないし、この月までに何キロ痩せて、みたいな計画も立てません。これは、不必要なストレスを生んでしまうだけなので、気楽に絶食から始めて、腹が減ったら夜中だろうが関係なく野菜を食べたり、いけそうなら炭酸水や野菜ジュース、ヨーグルトだけで過ごしたりして、とにかく体に入る食物の量を減らす努力をします。ひたすら
時には炭水化物もタンパク質も摂取しますが、とにかく量を減らすことに全力を注ぐのが始めの1ヶ月ですね。

そうすると心と体が減量に向けて本気を出し始めるので、そこで始めて体重計に乗ってみます。そうすると大抵5kgくらいは落ちてるので、今までキツかったパンツがゆったりになったり、パツパツだったスキニーパンツにちょっとだけゆとりが出たりと、変化が感じられてきて一層やる気が出てくる時期です。私の場合

そこからカロリーを意識したバランス型の食事に切り替えて、筋トレなんかも始めていきます。
この辺はよくあるダイエット方法と一緒です。
そうすると一時的に体重が増えたり、ずーと変化がなくなったりして、モチベーションが下がる時期なのが、このダイエット開始から2ヶ月とか3ヶ月くらいなんですよね。

ここでヘコたれる人もいますが、まぁそんな人は何事も継続できないような人なので、何やってもダメでしょう、頑張れとしか言ってあげれないですね…

私の場合は、3ヶ月目くらいで一気にガクッと体重が落ちて−15kg成功となります。
後はキープするための食事を心がけるだけなので楽勝です。

ここからマッチョるには、肉ばっかり食べて筋トレするだけです。もちろん計算しながらですけど

細かくはかけませんけど、体がこういう変化をしたらこれをするとか、欲したらこれを食べるれば落ち着くみたいなことが、自分自身でわかっているので、割と好きな物を食べながら成功まで導けるんです。
型にはまったモノだと、やらされてる感があるので苦痛なんですよね。夜食うなとか、
だからそれで失敗するみたいな…

自分の肉体を理解すれば、割と楽に痩せることができるので、自分に合ったダイエット方法は、自分流でやれ!作れ!ということです。

posted by あかつき探偵事務所 at 01:23 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする